HOME●新規投稿●検索

 フォントというのは・・・  All Staff 奥  2009年6月1日(月) 19:18  Mail
[修正]
ひょんなことでそちらのサイトを知り、本日メルマガを送っていただき拝見いたしました。たかがフォント、されどフォントをよく調べておられ、感心しました。
私はアナログ時代からの広告制作者ということもあり、「文字」との付き合いもかれこれ四半世紀になろうかとしています。今思えば、いつの時代も「文字」には泣かされた記憶ばかりです。昨今のフォント事情に関しても「ひとこと物申す!」なんて感じなのですが、これもまた時代の産物と割り切っております。
今後も興味をひくメルマガを楽しみにしております。それでは。

 6並び、フォントプレゼント当選者  さとうゆたか  2009年4月5日(日) 21:00
[修正]
トップページのアクセスカウンタが、
04月05日の夕刻「6666666」に達しました。

04月07日、申請された以下の3名の方に商品版フォントを送付いたしました。

齋藤さん………アニト-M等幅(Win用)
山崎さん………アニト-M等幅(Win用)
ミズタニさん…アニト-L(Win用)

アニトは人気あるんですね〜。

 フォント配布サイトとして勝手に記事にさせて頂きました  大黒  2009年2月2日(月) 20:07  HP
[修正]
こんばんは。初めまして。
いつも、メルマガを送って頂きありがとうございます。

この度(本日ですが)貴殿のサイトを私の管理するサイトで紹介させて頂きました。
もしも、紹介方法に問題があるようなら、教えて頂けますでしょうか。

 記事のタイトルは以下、及びリンクを貼らせて頂きます。
タイプラボ・フォント(フリー版もあります、素敵なフォント配布サイト)
http://lovemac.moe.in/mac_hunter/?p=1038

勝手ながらですが、よろしくお願いいたします。
修正もしくは、削除が必要なら、こちら(当掲示板)で教えていただければ幸いです。


 リンク御礼  さとうゆたか  2009年2月2日(月) 20:34 [修正]
大黒さん サイトで紹介してくれてありがとうございます。

記事内容に問題もないようです。
人の役に立つサイト運営、互いにがんばりましょうね。

 メルマガ正誤案内  さとうゆたか  2009年2月2日(月) 7:43
[修正]
今月のメルマガ(62号)に、スペルミスがありました。
最初の記事の冒頭部分3カ所を、以下のように訂正いたします。

誤:DL-MAERKET
正:DL-MARKET


   とんきち  2009年1月5日(月) 1:02
[修正]
D書体、かっこいいです。やさしいフォルムですね。発売が楽しみです

 メルマガを拝見しました  フォントすきすき  2009年1月1日(木) 22:03
[修正]
D書体(仮称)、非常にカッコいいです!
発表楽しみにしています。

 このサイトのフォント  ルル  2008年12月9日(火) 11:08  Mail
[修正]
とても見やすいフォントなので、
何のフォントを使用しているのかを教えていただけませんでしょうか?

   さとうゆたか  2008年12月9日(火) 11:21 [修正]
ルルさん こんにちは
 このサイトって、タイプラボのサイトのことですか?

タイトル文字以外の文字は、ルルさんのパソコンに入っているフォントで表示されている筈です。

こちらで指定しているフォントは、メイリオ・MS ゴシック・ヒラギノ角ゴPro W3・Osakaです。

この中のどれか、ルルさんのパソコンに入っているフォントで表示されていると思います。

 追加情報  さとうゆたか  2008年12月21日(日) 9:44 [修正]
一番上のタイトルとか右のメニューボタン画像に使っているフォントは、いま開発中のD書体(仮称)です。

 さっそく保存しました  ポー  2008年12月2日(火) 3:22
[修正]
いつもメルマガありがとうございます。楽しく拝見しています。
私は仕事のユーザーではなくて、ただのフォントフェチです(笑
今回の【フォントの調べ方、探し方】人に聞く前に自分でやってみようは、
すぐに取り出せるように個別のドキュメントとして保存しました。


   さとうゆたか  2008年12月2日(火) 7:34 [修正]
ポーさん メルマガを楽しみにしてくれてアリガトウ!
 5年間、毎月出し続けてきました。
読んでくれる人のために、これからも続けていきたいと思います。

 はじめして。  Oba  2008年11月6日(木) 6:32
[修正]
はじめまして、管理者さま。

フォント関係のサイトより、こちらにお邪魔しました。
無料頒布フォントをダウンロードさせて頂きました。
ありがとうございます。

「こうならなければイケナイ!」を読ませて頂きました。
「新しいデジタル技術と長年親しんできた印刷出版物の両方の長所を融合した明日の出版界のための提案」の中で、
パソコンなどハードのことについて触れられてますが、
昨今は、フィルムのようなモニタも「CEATEC JAPAN 2008」のような展示会で、各社競って発表しています。
そのようなモニタにカードメモリやUSBLANなどにより著作物などを表示できたなら、
気軽に寝転がって読めたり、外出に丸めて携帯出来たりして、もう少し活字離れも無くなるんでは?
そのようなシステムを大手家電メーカーや大手出版社がリードして作って行けばイイのにな〜。などと思いました。

長々と申し訳ありません。
では、ありがとうございました。

 私が希望する情報携帯機器  さとうゆたか  2008年11月6日(木) 9:34 [修正]
「こうならなければイケナイ!」を書いたのは10年以上前、PDFという概念がやっと知られてきたころだと思います。
その頃から、紙のようなモニタとかデジタルペーパーとかは発表されてたように思います。
実用化ってのは時間がかかりますね。

いまは、小さく軽くなった携帯電話で何でもできるようになり便利ですが、画面が小さく文字が見にくいですね。
そういう機器が、昔の巻物(時代劇などに登場する)のような円柱型になればいいなとずっと考えています。
片手で巻物を持ち、画面を見たいときはもう片方の手で、巻物内に丸めて収納されている紙のような画面を引っぱりだす…。
見終わって手を離せばスルスルと画面は本体に巻き込まれていく。
そんな感じの携帯機器をどこかで開発してくれ〜っと思いますね。

 セプテンバーを試しています。  tsuno  2008年10月15日(水) 10:38
[修正]
43歳のクリエーターです。
なんとなく新しいフォントを使ってみたいなとうろうろして
ここにたどり着き「セプテンバー」をいただきました。
ありがとうございます。

手書きでラフ原を書き、写植指定をして、
出来上がった印画紙を切り貼りして版下を作っていたのを
何となく思い出してしまいました。

多くのフォントに紛れないしっかりした個性があるのに
出しゃばらない程度に抑制が利いた良い書体だと思います。
「墨東」など他にも使ってみたい書体がありましたので
まとめてCDで購入させていただくと思います。

   さとうゆたか  2008年10月15日(水) 10:46 [修正]
tsunoさん 書き込みありがとうございます。

CDのほうの「フォントコレクション3」は、全フォントが入っているわけではありませんので、内容をご確認くださいね。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14
全 359件 [管理]
CGI-design